TOP
CR-Xデルソルの歴史
CR-Xデルソルの愛すべきポイント
CR-Xデルソルの写真

わが愛車との散歩集
CR-Xデルソル オーナーになりたい方へ
わが愛車、CR-XデルソルVGi
管理者について
Cr-Xデルソル・フレンド&リンク集
お問い合わせ


HONDA CR-Xデルソル
中古車情報

近日公開
HONDA・CR-Xデルソル・太陽のクルマ
#006 川で遊びました

2009/6/28掲載

もうすぐ7月。
なのに地球温暖化のせいで、暑いです。
そこで地元だったとある場所の川へいってきました。
ここはまだ未開の地で、魚影も濃く、理想的な淡水浴場、なので場所は誰にも証せません。


なお前回、前々回に撮った写真をかなり使い回していますのでご了承下さい^^;



淡水浴
いざ現地へ。
もうすでにまわりは鳥の鳴き声しか聞こえません。クルマの音はわがデルソルだけ。



淡水浴
現地に到着。
ご覧の通り回りは山と水田。民家はひとつ山あたりにふもとに1件、というペース。
現場はここではなく、さらに奥へ行くのですが、ここからは車はおろかバイクも自転車も入れません。
ここにデルソルを置いて、徒歩で向かいます。
もちろんルーフは閉めました。



淡水浴

到着。
いきなり河川。当然陸地なんかありません。荷物は最小限にとどめて、岸へ。



淡水浴
ここは川の中流より上で、比較的流れの穏やかな場所。
この写真の右側だけ水の色が濃いのが判りますでしょうか。ここが淵となっています。



淡水浴
こんな感じで浅めの川。でも、淵は深さ3メートルはあります。
この淵を潜るのが楽しい。



淡水浴
いきなり、婚姻色のついた魚発見。ウグイかな。



淡水浴
なんかいきもの発見。



淡水浴
テナガエビでした。
ちなみに、高級料理食材です。



淡水浴
片腕がありません。自切したのでしょう。



淡水浴
カワセミもいます。今回は写真に留めることができませんでした。



淡水浴
ではマリンハウジングを使ってカメラを水の中へつけ込んで撮影です。



淡水浴
川の中。



淡水浴
いままでも何度かこの地にきて餌付けとかしてたので、さっそく魚が寄ってきました。



淡水浴
餌付け開始。
エサとなるものはじゃがりこチーズ味。
今までにいろいろ試してみた結果、じゃがりこが一番食いつきがよかった。この日も速攻で寄ってきました。



淡水浴



淡水浴
カワムツという魚が大半で、稚魚も含めたくさん寄ってきます。


淡水浴
どじょう発見。
図鑑にて調べたところ、正確にはシマドジョウでした



淡水浴
ヒゲがみえます。



淡水浴
手渡しができるかな。
じゃがりこを手に持ったまま、まってみました。


淡水浴
はじめは警戒していたのか、近づくけどじゃがりこをかじることはありませんでした。辛抱強くまっていると、やがて・・・・


淡水浴

淡水浴
だんだん集まってきました。警戒が解けたのでしょう。


淡水浴
心配ないと判断したやいなや、
いきなり争奪戦です^^
頭のいい魚は横からかじっていました。


淡水浴
ものすごく寄ってきたので、にぎりつぶしてちりばめると、もっと寄って、争奪戦は強奪戦に突入^^



淡水浴
戦いに加わることなく冷静に見守る1匹の魚。ヨシノボリです。

淡水浴
低層魚系の魚はムダに泳ぐことをしません。このときもじっといました。



淡水浴
楽しい餌付けも実は余興にすぎません。
もっと楽しいことがはじまります。


慣れ親しんでくれた魚たちが、ボクたちのまわりをずっとランデブーして、随伴して泳いでくれるようになります。
これこそがここの淡水浴の醍醐味。餌付けはそのための複線だったというわけです。

このあとランチタイムのため川からあがり、済ませた後再度川に入りましたが、まっていたかのように大群の魚が寄ってきました。
で、淵にもぐったりして遊ぶのですが、終始ボクの回りは護衛艦隊のごとく魚たちが群れなしてまわりをえい航してくれてました。魚たちと心が通ったみたいで最高のひととき。


ここにはブラックバスも放流されていません。このままでずっていてほしいから、この場所は他の誰にも教えていません。





≪もどる





Copyright(C) 2004-2009 Promenade CR-X delsol owner's site all right reserved.