file 002  三菱 FTO(エフティーオー) 1994年〜2000年

GTOにつづいて往年の名を継ぐクーペ、FTO

三菱自動車工業株株式会社は、1990年10月に先だってフラッグシップ・スポーツカーとなる「GTO」を発売しておりました。
その弟分的存在のようにみえた、このFTOが4年後の94年10月に発売開始。
このときのFTOのCM、「かなりきてーる 感じてーる♪」 ていうCMソングが今でも耳に残っております。



デビュー時はまさにスポーツカーが我が世の春を謳歌していた90年代。GTOがそのサイズや維持費面で手に余る、その空いた顧客層を埋めるのがこのFTO、かのように見えました。
実際、初年度わずか2ヶ月で7000台以上、翌年には20,000台以上を販売しております。(情報:wikipedia) '94-'95カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。


プラットフォームは三菱お家芸な4WDではなくFF、エンジンはV6の2000ccを横置き搭載。廉価モデルとなる直4・1800ccもラインナップ。
FTOで特筆すべきはトランスミッションそれもATで、国産初のマニュアルシフトつきAT、「INVECS-II」を採用。



これが好評で、以降の三菱車に続々と採用されたほか、他の国産メーカーにも影響を与えたとのことです。
ちなみにこの機構はポルシェがティプトロニックという名称で89年発売の911 type964に搭載済みでした。
スポーツカーでありながら売れたのはMTではなくATのほうだったようで、INVECS-IIがそれだけセンセーショナルだった、てことですね。




同じく94年に発売開始されたクーペ・フィアットと外観雰囲気が似てるともいわれた。
同時期デビューなのでどちらが真似したとかでは、ないはず。



しかし、97年あたりから販売台数に陰りが見え始め、99年には登録台数680台とついに1000台を割るようになり、2000年に三菱自動車から「側面衝突安全基準に適合させると採算がとれない」という理由からGTOとともに生産終了。
スポーツカー氷河期到来とともに、その役目を終えたかのように幕を下ろした車種でした。


FTOデビュー翌年の95年に私の愛車ミラージュが廃車となりまして、次のクルマを模索していたのですが、
このときFTOは「販売好調」で、街中でもよくみかける車種となっておりました。
そして、私の乗り換え対象から除外。ハヤリは昔も今も苦手でして。


もうひとつの裏話として、当時三菱系自動車パーツ製造の下請け会社に努めている友人がおりまして、
「FTOは絶対やめとけ」
とかいわれました。
欠陥とかじゃなく、使われる部品が安物ばかりだった、とのこと。今じゃ情報漏えいですな。



この記事は、収集した資料と当時の私の記憶を基に作成致しております。
差異などがございましたら御一報いただけると大変助かります。



カタログデータ (GPX)
タイプ     クーペ・スポーツ・スペシャリティ
ボディ形式   E-DE3A
エンジン型式  6A12
駆動形式    FF
ボディサイズ  全長4320×全幅1735×全高1300 (mm)
ホイールベース 2500mm
トレッド前/後 1490/1485 (mm)
車両重量    1170kg
定員      4名

最高出力    200ps(147kW)/7500rpm
最大トルク   20.4kg・m(200.1N・m)/6000rpm
エンジン種類  水冷6型6気筒DOHC 24バルブ(MIVEC)
内径/行程   78.4mm×69.0mm
総排気量    1998cc
圧縮比     10.0
燃料供給方式  電子制御噴射式(ECI-MULTI)
燃料      無鉛プレミアムガソリン

ステアリング  ラック&ピニオン
サスペンション 前:マクファーソンストラット式、後:マルチリンク式
ブレーキ    前:ベンチレーテッドディスク
        後:ディスク
タイヤサイズ  前後ともに205/50R16 87V
最小回転半径  5.3m

標準装備
フロントフォグランプ、リアルーフスポイラー、後席3点シートベルト、アルミホイール、フルオートエアコン、集中ドアロック

オプション
リアワイパー、運転席エアバッグ、助手席エアバッグ、ABS、トラクションコントロール、サンルーフ/ムーンルーフ

新車価格
2,287,000円 (MT)、 2,397,000円(4AT)


関連記事

CR-Xデルソル生誕秘話》
ホンダ シビック(EG)》
以下、ただいま準備中


2017- delSol's room別館 愛しき90車図鑑 all right reserved.