市販の手作りステッカーシートでエンブレム自作

オリジナル・エンブレムを市販のステッカーシートにインクジェット印刷し作成

2011/4/5掲載

オリジナルのエンブレムが自作できる、それも手持ちのパソコンとプリンタで。
これを知ってから、
塗装の劣化ゆえ再塗装が急がれているわがデルソルですが、
これを機会に自作エンブレムの予行演習でもやっておこうかと思いました。


場所は、両サイドのリアクォーターピラー部分の空間。



リアクォーターピラーにはなにか付け足したくなる


確かリミテッドエディションのデルソルでは、ここにCR-X Del Solのロゴステッカーが貼られていました。
僕はそれをそのまま真似るのは味気ないと思っているので、
思い切ってエンブレムを自作してみようかと決意。



マセラティ・グラントゥーリズモにもこの位置にはトライデントのエンブレムがありますよね。




なので、まずは、インクジェットで手軽に作ってみて、違和感なければ、ボディレストア後に本番飾り付けをやってみようと思い立ち。



まずは、リハという軽い気持ちで、
インクジェットで気軽に作成できる自作オリジナルエンブレムを貼って様子見することにしました。


その材料は↓

UV保護フィルムシールもついてるので、色あせ劣化、なりにくいというもの。
当然ながらプリンタ必要、ただしの顔料系インクは不可とあります。(主にエプソンPXシリーズ)

作成したエンブレムは、デルソルのカタログの太陽マークが個人的に気に入っているので、↓

太陽イラスト

photoshopでカタログ表紙の太陽マークをスキャナ取り込み、背景を消してdel sol のロゴをつけたしました。

あとは、これを貼るだけです。



貼りました。 完成。
デルソル リアクォーターピラー


これでしばらく様子見して、満足できれば、
次のオールリニューアルの際には立体造形エンブレムにて製作する予定です。



◆そして・・・・・・

2012年11月、追記

貼ってから、約2年、
上から重ねて貼った透明保護シールがはがれてきました。
これは、走行による風抵抗を真横からうけるため、だんだんはがされてきたもの、と、思われます。

ステッカー本体はしっはり貼り付いているけど,保護シートが耐久性、よくないです。
そして、保護シートがはがれる=印刷地が丸出しになりますから、
当然、染料系インクは見ずにあっさり流れます。


こうして、自作ステッカーの生涯は終わりました。

まあ、青空駐車で台風接近率の高い四国での雨風環境で、2年もてば、いいほうかと思われます。


この記事は、収集した資料と当時の私の記憶を基に作成致しております。
差異などがございましたら御一報いただけると大変助かります。



関連記事

SECOMのステッカー効果
劣化したステッカーをはがす》
以下、ただいま準備中


2004〜Presentday del Sol's room HONDA CR-X デルソル 資料集 all right reserved.