オートアンテナが勝手に伸びるカーオーディオへ、スイッチを追加して手動操作できるように

一部のカーオーディオで発生する、強制的に伸び、縮められないオートアンテナ

90年代車に多く装備されていた、自動伸縮型アンテナ、オートアンテナと呼ばれています。
大抵は、カーオーディオ側で制御され、ラジオを起動したときに伸び、それ以外では縮まってボディ内に格納されるのですが、
一部のメーカー及び機種にて、何を聞こうとしても電源が入れば強制的に伸びてしまう仕様のものもあります。


私のデルソルに付けた「カロッツェリア DEH-790」も、該当機種でした。



CAROZZAERIA DEH-790 2014年製

私はほとんどラジオを聞くことがなくSDカードかUSBメモリ音楽の再生ばかりなので、その際にオートアンテナが伸びる必要性がまったくありません。
どうにかここを操作できる設定やスイッチはないものかと探したが見当たらず、説明書にも記載なく、メーカーサポートに問い合わせた所「仕様です」という返答。つまりそのままでは打つ手なし。

配線を抜いてやろうか、とも考えました。
とはいえ、災害時や緊急時のラジオ放送に備えて、外したくはない。
最近主流のショートアンテナも、オートアンテナ車への交換では感度が落ちると言われていますし。



オートアンテナ


そこで、スイッチを追加して、手動操作でアンテナの伸縮が行えるように致しました。
その作業内容を掲載いたします。


作業DATA/
用意したもの
 (リンク先はクレールオンライン)
・スイッチ  ・・・エーモンNo.1620 貼り付けプッシュスイッチ
・ギボシ端子 ・・・エーモンNo.1151ギボシ端子セット 8セット
・配線コード ・・・エーモンNo.2801配線コード 4m
  ※この配線コードは細線でギボシに合わないことが後でわかりましたが強引にこれを使いました
工具
・電工ペンチ
・スパナ       ・・・バッテリー端子脱着用
・ラチェット     ・・・サイドブレーキ脱着用
・プラスドライバー  ・・・センターコンソール外し用
・輪止め       ・・・サイドブレーキを外すので万一に備えて
  ※持ち合わせが無かったので予備タイヤをフロントタイヤ前に置くことで代用しました
・カーオーディオ説明書および配線図

 かかった費用
 パーツ費のみ 1,074円 税込





スイッチ追加作業を開始します/

まず自宅室内にて、スイッチから伸びている配線を事前にギボシ端子化。
オス側を取り付けます。


スイッチをつける場所を決めます。
両面テープ接着式なので場所を選びませんが、
今回は、センターコンソールのカップホルダー兼小物入れの、内壁に両面テープ固定します。
そのための配線穴がすでにUSB端子延長時に空いてくれていたので、これを流用します。


まず最初に、基本中の基本でもある、
バッテリーのマイナス端子を外します。
万一に備えての作業です。


これより、センターコンソールを外します。
センターコンソールの外し方は、別ページで掲載予定ですが、ここでも併用して掲載します。

センターコンソールは後部から前部への順で、すべて外す必要があります。
まずいちばん後ろ側の、ボックス兼缶ホルダーを外します。
黄色い丸印のネジ、左右ともに1ヶ所ずつ、それと、ホルダーボックスの中に1ヶ所、ネジを外します。

デルソル センターコンソール

デルソル センターコンソール


前方のネジ。
デルソル センターコンソール

裏側にあるシガーソケット用の接合端子も外します。つまみを押せば簡単に外せます。


写真ではエレコム製USBアダプターが残っていますがもちろん真っ先に抜き取りますよ。

これで簡単にセンターコンソールの後ろ側がはずせます。

デルソル センターコンソール外し

そして、ようやく、カーオーディオのあるセンターコンソールを外すことができます。
ネジは、左右に1箇所ずつ。


光の加減がうまくいかなくてすみません。

シフトノブもはずします。
前部センターコンソールはこの2本のネジとシフトノブを外せば、取り出せるようになります。


さてここからはデルソルオーナーなら誰もが通る難所、
サイドブレーキが邪魔をしてセンターコンソールがはずれてくれません。

方法は2つ。
知恵の輪のように強引にネジたり曲げたりしてムリヤリこじ出すか、
邪魔をしているサイドブレーキを外すか。


私の場合、どうあがいても知恵の輪式での取り出しが通用しなかったので、
重要ヶ所でもあり不安ではありましたが思い切ってサイドブレーキを外すことにしました。

注意!
サイドブレーキを外すと、作業後元通りにつなぐときに相当の力を必要とします。
不安な方はショップにおまかせの方がよいかと思われます。

さすが大事な部位。
スパナ程度では固くてゆるみやしません。

ラチェットでかなりの力を入れて、ナットをゆるませます。

デルソル サイドブレーキ外し


ナット2ヶ所で止まっているので、2ことも外せばサイドブレーキが外れます。

そうすると、あれほどああでもないこうでもないと頭を捻って外し方手順を模索していたセンターコンソールが、
いとも簡単に外れてくれました。

そしていよいよ、カーオーディオの取り外し。
前面の矢印4ヶ所のネジを外し、サイドに1対あるネジを外します。

デルソル カーオーディオ取り外し

デルソル カーオーディオ取り外し
この前面ネジとサイドのネジは長さが異なるので、もとに戻す際に間違えないよう注意です。

カーオーディオを引っこ抜きます。
まっすぐ引っ張れば、多少のひっかかりはあるものの抜きだしできます。

カーオーディオ説明書をみながら、オートアンテナの配線を探します。

私のカーオーディオの場合は目印タグがつけられておりました。
粗悪な取り付けをやらかす店なら早々にとっぱらわれる可能性のあるものですが、私がお願いしたディーラーではあとあとのことを考慮して残してくれていました。

デルソル オートアンテナ

なので容易にアンテナ配線が見つかりました。

その配線の間にON-OFFスイッチをかませれば、
アンテナ伸縮操作できるようになります。

まずはギボシでつながっているアンテナ配線を抜き外します。
抜いた後迷い込まないように目印をつけます。
今回マーカーを持ってきていましたので印をつけました。

手順としては、こう。

オートアンテナ スイッチ追加

延長するケーブルをつくります。
カーオーディオのギボシのオスメスを確認し、それに合わせて現場でギボシ端子をカシメます。

カーオーディオ側がプラスということだったので、プラス側のギボシは絶縁キャップの幅広いメスにして、外した際にうっかりボディに触れてショートしないよう。
(エーモンのヘルプサイトみたいなとこに記載ありました)

つなぐ2本の延長配線ケーブル、1本ずつ色分けするのがおすすめです。
今回同じ色でやっちゃって、違いを区別させるのに軽く結んで識別しました。


手に持っているのが延長しつないだケーブル。

最後に、スイッチのギボシとつないで、
動作テスト。
バッテリーを抜いてますから繋ぐのを忘れずに・・・・
カーオーディオは初期設定画面になっている場合があります。

動作テスト良好、
カーオーディオを元に戻し、
センターコンソールを外した順に付けます。

これで、完了です。

オートアンテナ スイッチ追加


関連記事/

Coming soon ...






 
▲このPAGEの一番上へ▲
関連記事
coming soon ...

スポンサードリンク



スポンサードリンク





Copyright(C) 2004- delSol's room  CR-X delsol owner's site all right reserved.