Go to TOP私のデルソルとの歩みと記録/ブレーキランプが消えない



スポンサードリンク




ブレーキライト(ストップランプ)が消えなくなる、点灯しっぱなしになる症状

原因:ペダルのセンサー部のパーツが経年劣化で壊れる

修理日 2012年9月21日


費用
パッド・ペダルストッパー 1点
141円



総合計
141円




<スポンサードリンク>




90年代のホンダ車はよくある定番不具合らしいです。

今回の, 突然ブレーキランプ点灯しっぱなし という症状。



ご存知の通りそのまま放置しているとバッテリーがあがります。
ヒューズをさがして、ぬきましたが、それでも消えなかったので、仕方なく、バッテリー+端子を抜くことで強制的に消しました。

このまま放置するわけにいかないので、至急ホンダへ連絡。

原因は、ブレーキペダル部に、踏むとランプが点灯するよう連動する箇所に樹脂でできたパッドのようなものがあって、これが経年劣化でボロボロになり崩壊すると、点きっぱなしとなる、とのことです。

たしかに、フロアマットにはなにやら砕けた樹脂パーツみたいなものが4片ほどおちていました。



幸いにもそのパッドなるパーツは在庫があったので、取付けてもらいました。
制動部分なので、素人が手を出さないほうがよいとおもいまして、すべてお任せにしたら、

ものの数分で完了。

修理費も、部品代の141円のみで、技術料は0円。




修理は拍子抜けするほど簡単でしたが、道中がものすごく緊張した。

なにしろ、後ろの車には、ブレーキ踏みっぱなし、としかみえないから。
絶対、急ブレーキしたら、後ろ分からないだろ、で、ものすごい恐る恐るな運転。








スポンサードリンク



もどる(Home)




スポンサードリンク



Copyright(C) 2004-2012 Promenade CR-X delsol owner's site all right reserved.